釈迦如来 仏教の開祖、ゴータマ・シッダールタ

釈迦如来 仏教の開祖、ゴータマ・シッダールタ
   

梵 名:シャークヤムニ
真 言:ナウマクサマンダボダナンバク
意 訳:諸仏に帰命し奉る、特に釈迦如来。


【写真】

奈良県 室生寺金堂内
木造伝釈迦如来立像(薬師如来立像)【国宝】


【像容】

 特徴は髪形螺髪(らほつ)と呼ばれる小さくカールした髪の毛です。装飾品は一切身に付けていません。釈迦が説法を説いている姿が一般的です。印は、手のひらを説法を聞く人に向けて立て緊張を和らげる「施無畏印(せむいいん)」、手のひらを上に向けて指を全部伸ばし、人々のさまざまな願い聞き入れる仏の深い慈悲を表す「与願印(よがんいん)」が特徴的です。


【説明】

  お釈迦様、釈尊、あるいは、釈迦牟尼世尊と呼ばれる仏教の開祖です。古代インドの小国、釈迦族の王子で、本名はゴータマ=シッダールタです。妻や子供もいた実在の人物で、釈迦如来とはその釈迦が悟りを得た姿をあらしています。

 釈迦は、生まれたばかりのとき、七歩歩いたあと天地を指さし「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言われたことは有名です。この世で一番尊いのは自分であるという意味に誤解されがちですが、ひとりひとりが尊い命で聖なる使命を持ってこの世に生まれてきたという意味です。二十九歳で出家し、三十五歳で悟りを開き真理に目覚めてからは、仏陀(ぶっだ)・釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)・釈尊(しゃくそん)、如来などと呼ばれるようになりました。この頃は人々に説法を説いていたそうです。その後、釈迦は沙羅双樹の下で八十歳で入滅したと伝えられています。

 お釈迦様は、弟子達に

「比丘らよ、自らをともしびとし、自らをよりどころとし、他をよりどころとしてはならない。法をともしびとし、法をよりどころとし、他をよりどころとしてはならない。」

と説きました。私達は、悩み苦しむ時、「あの人のせいで」とか「あの人の言い方が悪い」と、原因を他に向ける傾向があります。そして、「もっと言い方を変えればいいのに」とか「あの人が変われば良くなるのに」と、自分ではなく他を変えようとします。結論から申し上げますと、他だけを変える事なんて絶対に出来ないのです。もし、他が変わる事があるとすれば、自分が変わった時しかないのです。「他をよりどころとしてはならない」とは、周りではなく、自分自身が変わらないといけないのですよ、そうすれば、自己を確立する事が出来ますよ、という思いが込められています。


★ブログ毎日更新しています♬この記事を気に入っていただければページフォローよろしくお願いいたします(^^)


ブログ筆者プロフィール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山本密雄

1992年福岡県北九州市生まれ

高校卒業後、18歳から修行の地、和歌山県高野山へ。以後5年間、高野山の寺院で修行を重ねながら、高野山大学に通う生活を送る。

21歳の時、高野山専修学院に入学。真言宗の僧侶資格「阿闍梨」位を取得。真言僧侶となる。

大学卒業後、地元に福岡に帰り、高野山真言宗紫雲寺に帰山。

以後、お寺の維持管理や檀家参りを行いつつ、御詠歌・声明の布教活動に今日まで携わってきた。

現在は、地元の詠歌青年会の一員として、全国の御詠歌公演に出仕したり、日々御詠歌の布教活動を行っている。

                              

名前:高野山真言宗 紫雲寺

住所:福岡県北九州市八幡西区香月西2-4-36

電話番号:093-617-3601

メールアドレス:shiunji@seiaihoikuen.jp

★紫雲寺ホームページ

https://shiunji.amebaownd.com/(紫雲寺の他の記事を見てみたい方はこちらへ!)

★紫雲寺googleページ(紫雲寺に行ってみたい方はこちらへ!)

https://g.co/kgs/GEw6Sd

★YouTubeページ(真言宗のお経、御詠歌、声明を聞いてみたい方はこちらへ!)

https://www.youtube.com/channel/UCnB6_CSVViCb_knaOGwBCKw

#北九州市八幡西区真言宗

#高野山真言宗紫雲寺

#高野山真言宗

#八幡西区真言宗

#紫雲寺

#十三仏

#釈迦如来


                              紫雲寺副住職 山本密雄

                                      合 掌


【次の記事】


高野山真言宗紫雲寺(北九州市八幡西区)

福岡県北九州市八幡西区香月にある高野山真言宗の寺院です。先祖供養、永代供養、ご法事、納骨、お葬儀等の様々なご相談をお問い合わせ頂いております。 宗旨、宗派は問いません。 紫雲寺は、みなさまお一人おひとりのご縁を大切にしています。どなたでもお気軽にお立ち寄り、ご相談ください。 紫雲寺メールアドレス:shiunji@seiaihoikuen.jp

0コメント

  • 1000 / 1000