【観音経】妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五 日蓮宗や真言宗のお経

【観音経】妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五 日蓮宗や真言宗のお経


観音経は、真言宗や日蓮宗、天台宗や曹洞宗といった、様々な宗派でお唱えをされているお経です。在家から僧侶まで幅広く読まれている真言宗の代表的なお経です。

観音様の功徳を一心に感じ、観音様の救いの御手に触れることができるお経です。


※以下、出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教経典。『法華経』のなかの第 25章「観世音菩薩普門品」を別出して1巻としたもの。鳩摩羅什が散文を,闍那崛多が韻文を漢訳したものを合せたものが,中国,日本で広く読誦されている。観世音菩薩が神通力をもって教えを示し,種々に身を変えて人々を救済することを説く。観音を心に念じその名を称えれば,いかなる苦難からも逃れることができることを説いて,観音を信仰すべきことをすすめている。梵本,チベット語訳,漢訳が現存するが,韻文の部分にはかなりの相違がみられる。ウイグル文,蒙古文,トルコ文などで書写されたものの断片も発見されており,本書の流布の広さが知られる。



名前:高野山真言宗 紫雲寺

住所:福岡県北九州市八幡西区香月西2-4-36

電話番号:093-617-3601

メールアドレス:shiunji@seiaihoikuen.jp

#お経 #観音経 #真言宗

#真言宗お経 #日蓮宗お経 #高野山お経 #観音様 #観音菩薩 #法華経


【前の記事】

高野山真言宗紫雲寺(北九州市八幡西区)

福岡県北九州市八幡西区香月にある高野山真言宗の寺院です。先祖供養、永代供養、ご法事、納骨、お葬儀等の様々なご相談をお問い合わせ頂いております。 宗旨、宗派は問いません。 紫雲寺は、みなさまお一人おひとりのご縁を大切にしています。どなたでもお気軽にお立ち寄り、ご相談ください。 紫雲寺メールアドレス:shiunji@seiaihoikuen.jp

0コメント

  • 1000 / 1000