大日如来~宇宙心理を現す真言密教の本尊

大日如来~宇宙心理を現す真言密教の本尊

梵 名:マハーヴァイローチャナ
真 言:オンアビラウンケンバザラダトバン
意 訳:金剛界如来・胎蔵界如来に帰命し奉る


【写真】

高野山 壇上伽藍 根本大塔
胎蔵大日如来(周り金剛界四仏)

【像容】

像形は、宝冠をはじめ瓔珞などの豪華な装身具を身に着けた、菩薩のような姿の坐像として表現される。大日如来は宇宙そのものを装身具の如く身にまとった者として、特に王者の姿で表される。印相は、金剛界大日如来は智拳印を、胎蔵界大日如来は法界定印を結ぶ。

【説明】

大日とは「大いなる日輪」という意味です。太陽を司る毘盧舎那如来がさらに進化した仏です。密教では大日如来は宇宙の真理を現し、宇宙そのものを指します。また、すべての命あるものは大日如来から生まれたとされ、釈迦如来も含めて他の仏は大日如来の化身と考えられています。大日如来には悟りを得る為に必要な智慧を象徴する金剛界大日如来と、無限の慈悲の広がりを象徴する胎蔵界大日如来という二つの捉え方があります。金剛とはダイヤモンドのことを指し、智慧がとても堅く絶対に傷がつくことがないことを意味しています。また、胎蔵とは母親の母胎のようにすべての森羅万象が大日如来の中に包み込まれている様を意味しています。この二つが揃って大日如来を本尊とする密教の世界観が出来上がるのです。

 密教は、広く大衆に向かって分かりやすく仏教の教えを説くものではありません。また、文字に寄らない教えを指しているとも言われています。そこで登場するのが「曼荼羅」です。曼荼羅の中心には、教主である大日如来が置かれ、その周りを他の諸仏が囲みます。密教では、命あるもの全ては大日如来と考えますから、曼荼羅を大日如来の身体そのものとし、周りの諸仏は大日如来の身体の一部が変化したものと言えるでしょう。諸仏は大日如来の身体の一部ですから、どの仏も大日如来に属していて、単独では存在していません。 あこのように、曼荼羅の諸尊は、周りの諸仏との無限の関係性の中に存在しています。諸仏が大日如来を供養し、大日如来が諸仏を供養する、無限に広がる相互供養と相互礼拝に満ち溢れた円満な世界、即ち、曼荼羅浄土がそこに描かれています。そして、その曼荼羅浄土は、現実世界でも実現出来るという事を密教では説いています。


★ブログ更新しています♬この記事を気に入っていただければページフォローよろしくお願いいたします(^^)

【ブログ筆者プロフィール】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山本密雄

1992年福岡県北九州市生まれ

高校卒業後、18歳から修行の地、和歌山県高野山へ。以後5年間、高野山の寺院で修行を重ねながら、高野山大学に通う生活を送る。

21歳の時、高野山専修学院に入学。真言宗の僧侶資格「阿闍梨」位を取得。真言僧侶となる。

大学卒業後、地元に福岡に帰り、高野山真言宗紫雲寺に帰山。

以後、お寺の維持管理や檀家参りを行いつつ、御詠歌・声明の布教活動に今日まで携わってきた。

現在は、地元の詠歌青年会の一員として、全国の御詠歌公演に出仕したり、日々御詠歌の布教活動を行っている。

  

【お問合せ】           

名前:高野山真言宗 紫雲寺

住所:福岡県北九州市八幡西区香月西2-4-36

電話番号:093-617-3601

メールアドレス:shiunji@seiaihoikuen.jp

【合わせて読みたい紫雲寺関連ページ】

紫雲寺ホームページ(紫雲寺の他の記事を見てみたい方はこちらへ!)

紫雲寺googleページ(紫雲寺に行ってみたい方はこちらへ!)

YouTubeページ(真言宗のお経、御詠歌、声明を聞いてみたい方はこちらへ!)

法要のご依頼について(北九州市真言宗寺院で法事・葬儀をお求めの方はこちらへ!)

#高野山真言宗紫雲寺

#高野山真言宗

#北九州市真言宗

#北九州市お寺

#紫雲寺

#北九州市真言宗

#十三仏

#金剛界大日如来

#胎蔵界大日如来

#大日如来

#真言密教

                              紫雲寺副住職 山本密雄

                                      合 掌


【次の記事】

高野山真言宗紫雲寺(北九州市八幡西区)

福岡県北九州市八幡西区香月にある高野山真言宗の寺院です。先祖供養、永代供養、ご法事、納骨、お葬儀等の様々なご相談をお問い合わせ頂いております。 宗旨、宗派は問いません。 紫雲寺は、みなさまお一人おひとりのご縁を大切にしています。どなたでもお気軽にお立ち寄り、ご相談ください。 紫雲寺メールアドレス:shiunji@seiaihoikuen.jp

0コメント

  • 1000 / 1000